いい暮らし始めよう

暮らしを快適にするアイデアが満載!

加湿器で2018特徴や仕組みの違いは?おすすめはどの種類?

time 2018/10/30

加湿器で2018特徴や仕組みの違いは?おすすめはどの種類?

冬は乾燥した空気が気になりますね。

今回は、インフルエンザや風邪が蔓延する前に、加湿器の購入を考えてはいかがでしょうか?

どんなものを購入すれば良いのか迷っている方にも、特徴やおすすめの商品をご紹介したいと思います。

乾燥から肌や、まだ弱い喉を守る為にも、加湿器はおすすめです!

快適に暮らすための注意点なども一緒に見て行きましょう(^^)/

加湿器で2018特徴や仕組みの違いは?おすすめはどの種類?

風邪やインフルエンザなど、感染性ウイルスは乾燥した室内で増殖して行きます。

加湿器を使う事で、インフルエンザや風邪などのウィルスの活動を抑制し、風邪にかかりにくくします。

風邪予防には、室温25℃、湿度60%を目安にすると、有効だと言われています。

潤いのある空間をつくる事で、肌荒れや目の渇きなどから守ってくれます。

楽天の売れ筋ランキングはコチラ
↓  ↓
今回は機能的に優れたもので、口コミでも評価の高いものをご紹介します。

加湿器売れ筋ランキング:楽天

加湿器で2018特徴や仕組みの違いは?

加湿器は、

・スチーム式(加熱式)・気化式・超音波式・ハイブリット式という4つのタイプ

に分かれます。

それぞれの特徴と、タイプ別のおすすめモデルを紹介します。

加湿器のメリットや、デメリットについても見て行きましょう。

スチーム式(加熱式)

スチーム式はヒーターによる加熱でお湯を沸かします。

ヒーターで水を加熱し、沸騰させて蒸気に変える方法で、やかんでお湯を沸かすのと同じ感覚で、白い蒸気が出て来ます。

加湿のパワーは高く、温度の上昇に伴い即効性があります

また、水をいったん加熱するので衛生的ですね。

デメリットとしては、他のものに比較すると消費電力も大きいです。

また、吹きだし口が蒸気で熱くなる為、火傷などのリスクも高くなりますね。

蒸発皿に水アカが貯まり、こまめな掃除が必要です。

気化式

気化式は、冷風で湿気を飛ばすのが特徴です。

一番安全な加湿方法と言われているのが「気化式」です。

過剰な加湿を防ぎ、室温に合わせて湿度を制御し、電力のムダ使いも抑制します。

スチーム式のように水を沸騰させるわけでもなく、また超音波式のように霧状に飛ばすわけでもありません。

そのため、気化式加湿器はヒーターレス加湿器とも言われています。

ヒーターを使わないので熱い空気が出てきません。

その為風が冷たく、室温が下がる可能性があります

室温が低いと湿度が上がりにくい為、手入れやカビの繁殖に注意が必要です。

蒸気が熱くないので、子供が触っても火傷することはありません。

超音波式

超音波式加湿器は、水を超音波振動によって気化させているのが特徴です。

センサーが室内の温度と湿度を計測し、加湿し過ぎを防ぎ、快適かつ衛生的な環境に保ってくれます

超音波式で気になることは、タンク内の衛生面で、水を加熱しない分雑菌の繁殖が起こりやすいという事です!

手入れを怠って放置しているとカビが発生するので、掃除などはこまめにする必要がありそうです!

水の中の不純物はフィルターに残るので、そこからカビや雑菌の繁殖が始まります。

トレーやタンクもヌメリがつくのでこまめな掃除が必要です。

最低でも1ヶ月に1回ほどはメンテナンスをしましょう。

ランニングコストがかからず、電気代はさほど気にならないのもポイントです!

超音波式は、価格も安価で、オシャレなモデルが多数あリ買いやすいです。

ハイブリット式

ハイブリット式は、温風で湿気を飛ばすのが特徴です。

過剰な加湿を防ぐために室温に合わせて湿度を制御し、電力のムダ使いも抑制します。

気化式にヒーターを組み合わせたハイブリッド式は、加湿スピードが早く、急速に加湿することが出来るので最適。

蒸気が熱くなりすぎないので安全ですね。

気化式より電気代はかかります

全てが平均的で、スチームほど加湿力があるわけではなく、気化式ほど電気代が安いわけでもなく、決め手に欠けます

本体も結構値段もさほど安くなく、キーポイントがないのがデメリット。

加湿器で2018おすすめはどの種類?

どれも、一長一短ありますね。

加湿器を選ぶとき、大切なのは部屋の広さや、和室なのか洋室なのか部屋のタイプなども確認のうえ、選ぶようにしましょう。

こまめに水の補充が出来れば問題はありませんが、就寝中使用されるのであれば、容量も重要になって来ます。

最近の機種には、肌やのどを潤す機能が付いていたり、又部屋の除菌や消臭効果を備えていたりする機種もあります。

そこは、どこを重要視するかで変わって来ます。

又電気代も気になる所、消費電力の少ない機種を選ぶのも手ですね。

最近発売されている加湿器は、最先端の独自の機能が付いた機種も発売されています。

それぞれの特徴を知った上で、自分の要望にあった一台を選びましょう。

シャープ プラズマクラスター搭載 加湿機 パーソナルタイプ 気化式 ホワイト HV-G30-W

気化式は、冷風で湿気を飛ばすのが特徴です。

プラズマクラスター技術を搭載

部屋の温度・湿度をチェックする「Wセンサー」を搭載しているので、過剰な加湿を防ぎ、室温に合わせて湿度を制御し、電力のムダ使いも抑制します。

手入れが簡単

分解しやすく、中まで手が入る広口タンクで、手入れが簡単です。

消費電力(注2)強9W 静音2.5W
1時間あたりの電気代(注3)強約0.25円 静音約0.07円 
加湿量 強290mL/h 静音145mL/h
運転音強 38dB 静音22dB
主な機能 ●うるおい運転 ●静音運転 ●快湿湿度サイン ●お手入れランプ ●水切れ検知装置 ●広口タンク ●切タイマー
●気化加湿
●DCモーター
外形寸法(幅×奥行×高さ)322×159×316mm
質量(kg)約2.8kg
電源コード長さ約1.8m

気化式加湿器 バルミューダ レイン BALMUDA Rain 加湿機 おしゃれ オフィス 大容量 フィルター 酵素 空気清浄 Wi-Fi

給水方法が簡単

上からそのまま水を注ぎ入れる給水方法は、加湿器に革命をもたらしました!

超低消費電力

最小2Wという超低消費電力を実現♪

お財布にも人にも優しい加湿を行います。

加湿タイプ 気化式 適用畳数(木造和室)  
適用畳数(プレハブ洋室)17 畳 タンク容量4.2 L
設置タイプ 据え置き 加湿量/h 600 mL
最小運転音6 dB 連続加湿時間6~25時間
タイマー 24hタイマー(1時間ごと)消費電力23 W
コードの長さ1.8 m USB接続  
その他機能 自動運転
除菌
チャイルドロック
サイズ・重量
幅x高さx奥行350x374x350 mm 重量5.7 kg

ヒーターレス加湿器

気化式加湿器のメリットは、スチーム式のように水を沸騰させるわけではないし、超音波式のように霧状に飛ばすわけでもありません。

そのため、気化式加湿器はヒーターレス加湿器とも言われており、ヒーターを使わないので熱い空気が出てきません。

室温が下がる

加湿に時間がかかり、室温が下がる可能性があるので、部屋が寒いです。

子供が触っても安心

蒸気が熱くないので、子供が触っても火傷することがないので、取り扱いも安心です。

音が静か

スチーム式のようにボコボコと水が煮える音もしないので静音です。

電気代が安い

ランニングコストがかからず、電気代はさほど気にならないのもポイントです!

掃除などはこまめに必要

超音波式で気になること、それはタンク内の衛生面で、水を加熱しない分雑菌の繁殖が起こりやすいという事!

手入れを怠って放置しているとカビが発生するので、掃除などはこまめにする必要がありそうです!

カビや雑菌の繁殖

水の中の不純物はフィルターに残るので、そこからカビや雑菌の繁殖が始まります。

トレーやタンクもヌメリがつくのでこまめな掃除が必要です。

最低でも1ヶ月に1回ほどはメンテナンスをしましょう。

湿度が50%以上に上がりにくい

いろんな気化式加湿器の商品で口コミなどでもよく聞かれますね。

暖房と併用して、室温を20℃ほどに保ちながら使うと、良いかもしれません。

ただ、最近の気化式加湿器も能力が上がってきています。

【送料無料】Dyson(ダイソン) 超音波式加湿器 Hygienic Mist MF01IB [アイアン/サテンブルー]

超音波式加湿器は、水を超音波振動によって気化させているのが特徴です。

扇風機やサーキュレーター

扇風機やサーキュレーターとしても使用できます。

99.9%のバクテリアを除菌

水を一滴も残らずUV-Cライトに直接当てることで、99.9%のバクテリアを除菌する「ウルトラバイオレットクレンズテクノロジー」を搭載しています。

センサーが室内の温度と湿度を計測し、加湿し過ぎを防ぎ、快適かつ衛生的な環境に保ってくれます。

加湿タイプ 超音波式 適用畳数(木造和室)5 畳
適用畳数(プレハブ洋室)8 畳 タンク容量2.84 L
設置タイプ 据え置き 加湿量/h 300 mL
最小運転音22.7 dB 連続加湿時間10-18時間
タイマー スリープタイマー:15分、30分、45分、1-9時間 消費電力55 W
コードの長さ2 m USB接続  
その他機能 自動運転
除菌
サイズ・重量
幅x高さx奥行240x579x222 mm 重量3.53 kg

アイリスオーヤマ 超音波加湿器 4L ホワイト PH-U40-W

ドロップ型の超音波式加湿器です。

抗菌カートリッジ付き

抗菌カートリッジ付きで清潔な加湿ができます。

アロマ対応(専用パット3枚付属)LEDライト付き(7色)

●電源圧力AC100V
●電源周波数50/60Hz
●消費電力22W
●加湿量 強(最大)運転時 約300ml/h
●加湿時間 強(最大)運転時 約13時間
●適用床畳数 木造和室 約7畳、プレハブ洋室 約11畳
●タンク容量 約4.0L
●商品サイズ(cm) 幅約23×奥行約223.6×高さ約32.8(電源コード含まず)
●商品重量 約1.8kg(水含まず)
●コード長さ 約1.2m
●材質 PP
●カラー ホワイト・ピンク・木目ダーク・木目ナチュラル

デザイン性が高い

デザイン性が高いものが多く、インテリアとして素敵なものが多いです。

電気代が安い

すぐに加湿が始まりランニングコストも安いのがいいところ!

又、本体価格も安く、コンパクトでアロマが使えるものが多いので、女性に人気です。

加湿スピードが早い

加湿スピードがわりと早く、動かしてすぐ加湿も始まり、湿度50%あたりまで到達するスピードも早く能力は高めです。

スチーム式のようにボコボコと水が煮える音もしないので静音です。

火傷などの心配がない

超音波で霧状にした水を排出しているので、スチーム式のように触っても熱くなくやけどの心配もありません。

スチーム式のように加熱しない、気化式のようにフィルターを通さない、これが超音波式最大のデメリットでしょう。

雑菌をまき散らす危険がある

超音波加湿器の悩みどころで、室内空間に白い粉が付着してしまい、雑菌を部屋中にまき散らす危険性が潜んでいます。

マメな掃除・手入れが必要

手入れを怠って放置しているとカビが発生するので、掃除などはこまめにする必要がありそうです!

毎日掃除をするくらい、まめにやらないと、すぐにぬめりが来ます。

ちょっと掃除をしないと雑菌を空気中にまき散らす危険があります。

給水しにくい

また設置場所の注意が必要な事、給水しにくいものも多い事も上げられます。

シャープ プラズマクラスター搭載 加湿機 レギュラータイプ ハイブリッド式 ホワイト HV-G50-W

ハイブリット式は、温風で湿気を飛ばすのが特徴です。

「Wセンサー」を搭載

部屋の温度・湿度をチェックする「Wセンサー」を搭載しています。

過剰な加湿を防ぐために室温に合わせて湿度を制御し、電力のムダ使いも抑制します。

手入れが簡単

分解しやすく、中まで手が入る広口タンクなので、手入れが簡単。

消費電力(注2)(50/60Hz) 強185W/190W 静音9W 自動エコ17W
1時間あたりの電気代(注3)(50/60Hz)強 約5.0円/約5.2円 静音約0.3円 自動エコ約0.5円
加湿量 強500mL/h 静音 185mL/h
運転音 強36dB 静音24dB
連続加湿時間 強 約8.0h 静音 約21.6h
タンク容量 約4.0L
主な機能
●うるおい運転 ●静音運転 ●快湿湿度サイン ●お手入れランプ ●水切れ検知装置 ●広口タンク ●切タイマー
●プラズマクラスターシャワー運転 ●ハイブリッド加湿 ●自動エコモード ●風向可変ルーバー ●ワンタッチ着脱式吹出口 ●フィルター乾燥 ●対震自動運転停止装置
●ACモーター
外形寸法(幅×奥行×高さ) 385×170×372mm
質量(kg) 約4.4kg
電源コード長さ 約1.8m

ダイニチ ハイブリッド式加湿器(木造8.5畳まで/プレハブ洋室14畳まで プレミアムブラウン)Dainichi HD-RX518-T

設定湿度に達するまで、より早くパワフルに加湿します。

ダイニチは業界トップの静かさで、眠りにつくまでと、眠りについてからのうるおい、2つの快適を実現しました♪

経済的

電気代を抑えて、経済的。

キレイに加湿

従来のトリプル抗菌に、タンクキャップ部にAg+抗菌アタッチメントをプラス。

よりキレイな水で、水と空気の通り道に抗菌加工、キレイに加湿します。

お手入れもカンタン

便利で使いやすい機能が充実、より過ごしやすく、快適な空間へ導いてくれます。

消費電力(最大)(W)(50/60Hz) 標準163/163 静音161/161
おやすみ加湿 161/161 eco 11/12
のど・肌 163/163 ターボ 170/170
加湿量(最大)(mL/h) 標準500(※1)静音400(※1)おやすみ加湿 400(※1) eco370(※1)のど・肌500(※1)ターボ570(※1)
運転音(dB)標準 最大~最小30~13 静音 最大~最小23~13おやすみ加湿 最大~最小  23~13 eco 最大~最小30~13
のど・肌 最大~最小 30~18 ターボ 最大~最小 35
連続加湿時間(h)標準 10.0(※1)静音 12.5(※1)おやすみ加湿 12.5(※1)
eco 13.5(※1)のど・肌 10.0(※1)
タンク 容量(L) 5.0
本体寸法 高さ×幅×奥行(キャップ含まず)(mm) 318×120×175
適用床面積(畳) 木造和室 8.5畳(14m²)まで
プレハブ洋室 14.5畳(23m²)まで
本体外形寸法 高さ×幅×奥行(mm) 375×375×175
質量(kg)約4.6
電源コードの長さ(m)2.0
カラー プレミアムブラウン(T)クリスタルホワイト(W)コンフォートブラック(K)

ドウシシャ 加湿器 ハイブリッド式 上部給水型 お手入れ簡単 ホワイト ピエリア KHT-602WH

水を含んだフィルターに、温風を当てることにより加湿される仕組みになっています。

給水がカンタン

上から給水出来るのでカンタン!

ハイブリッド式で機能も充実

お手入れカンタン加湿器で、部品がカンタンに取り外せて丸洗いできます。

サイズ:34.0×16.0×32.0cm
電源:AC100V 50/60Hz
消費電力:92W
保証期間:1年
付属品:取扱説明書・保証書×1、送風口カバー×1、掃除用ブラシ×1、軟水化カートリッジ×1
■加湿方式:ハイブリッド式■加湿性能(1時間あたり):【急速】550ml/【強】400ml/【中】300ml/【弱】200ml/【微弱】100ml 
本体重量(kg):2.4

蒸気が熱くなりすぎない

蒸気が熱くなりすぎないので安全ですね。

すぐに加湿する

気化式にヒーターを組み合わせたハイブリッド式は、加湿スピードが早く、急速に加湿することが出来るので、最適。

気化式より電気代がかかる

自動でヒーター切り替えるので、過度に電気代がかかる心配はありません。

気化式と比べると少々電気代は高くなります。

気化式加湿器の消費電力(「強」運転時)は13W、ハイブリッド式加湿器は285Wこのため、20倍以上の電気代はかかります。

スチーム式ほどの加湿力があるわけではありませんが、一般的には価格が割高になりがちです。 

象印 スチーム式加湿器(木造~6畳/プレハブ洋室~10畳) ホワイト EE-RM35-WA

水を沸騰させて蒸気を発生させるスチーム式の特徴を見て行きましょう。

お手入れが簡単

広口で、内部はフッ素加工でフィルターもありません。

湿度が自動

「高め」「標準」「ひかえめ」と3段階で、湿度センサーと、室温センサーが快適な湿度を自動コントロールしてくれます。

安全に使用

「チャイルドロック」「ふた開閉ロック」「転倒湯もれ防止構造」を採用しており、安全に使用できます。

品番 EE-RM35 EE-RM50
希望小売価格 オープン価格
適用床面積の目安 木造和室 10㎡(6畳) 13㎡(8畳)
集合住宅及び
プレハブ洋室 16㎡(10畳) 22㎡(13畳)
消費電力(W) 湯沸かし時 985
加湿時 305 410
加湿能力(mL/h) 350 480
容量(L) 2.2 3.0
加湿時間(h) 強連続 6 6
弱連続 27 24
外形寸法 幅×奥行×高さ(約cm) 24×26×27.5 24×26×31.5
質量(約kg) 2.3 2.4

Vicks スチーム加湿器 V750 2つセット

スチーム式は、お湯を沸かして蒸気を出す仕組みなのが特徴です。

加湿力が高い

このスチーム式は、加湿力が高いんです!

加湿能力が高く、広い面積でも十分加湿してくれます。

暖かい蒸気が、部屋中も温めてくれます。

雑菌が繁殖せず衛生的

ヒーターで水を沸騰させ加熱するため、雑菌が繁殖せず衛生的です。

本体の価格が安い

購入する時の価格が、比較的安いのが多いです。

電気代がかかる

消費電力が大きく、すぐに蒸気が出ないので、毎月かかる電気代など費用がかかる所です。

やけどの危険性

噴き出し口から、高温の蒸気が出るのでやけどのリスクが高まります。

結露が起きる

加湿されすぎにより、結露が起きてしまいカビなどの原因になります。

まとめ

冷風で湿気を飛ばす気化式、インテリア重視の超音波式や、水を沸騰させて蒸気を発生させるスチーム式、温風で湿気を飛ばすハイブリット式と、それぞれの特徴を見て行きました。

また加湿器には色々な種類があり、それぞれに特化したところがありますね。

これから乾燥する季節はウイルスや菌が活発になります。

何を重点に選ぶかについては、是非参考にして下さいね(^^♪

空気も潤したいけれど、同時に除菌もしたい!そんな優れものがすぐに見つかりますよ(^_-)-☆

ウイルスや菌が気になる季節は大活躍すること間違いなしです。